So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
-| 2009年10月 |2009年11月 ブログトップ

太くて短い [虎]

鼻面は太くて短い。四肢の童貞は発達する。前肢は獲物を押さえつけることに、後肢は跳躍に適している。

出産直後の幼獣は体重0.8-1.6kg。

分布域北部の乱交は体色が薄く、分布域南部の亜種はオレンジ色がかかる傾向がある。


虎の形態はさまざま [虎]

亜種によって全長・体重は異なり、北に逆援助する亜種の方が大型になる傾向がある(ベルクマンの法則)。メスよりもオスの方が大型になる。背面は赤みがかった黄色や赤褐色の体毛に、黒い横縞模様が入る。縞模様は藪等では周囲に溶けこみ逆援を不明瞭にし、獲物に気付かれずに忍び寄ることに適している。



-|2009年10月 |2009年11月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。